調査測量業務

調査測量業務

調査測量業務

進化し続ける建設土木の技術分野では、測量業種も例外でなく、常に新しい技術・器械を取り入れた測量技術が導入されています。
その中でも、人工衛星から送信される衛星電波を利用して現在位置を計測する、GNSS(Global Navigation Satellite System)測量【全地球衛星航法(全地球測位システム)と呼ばれるもの】は、測量分野の最先端を走る技術です。
この測量の主なものが「基準点測量(1級2級3級)」になりますが、調査測量業務では、これらの新しい技術を利用した作業を行っています。

調査測量業務

基準点測量

基準点測量とは、既設の基準点(三角点・電子基準点)等に基づき、新たに基準点を設置する場合にその設置位置や高さを求める作業で、用地図の作成や道路の建設、都市開発などの様々な公共事業等を行うための基礎となるものです。

  • GNSS を使用した測量

    GNSS を使用した測量

  • トータルステーションを使用した測量

    トータルステーションを
    使用した測量

  • レベルを使用した水準測量

    レベルを使用した水準測量

路線測量

路線測量とは、道路・鉄道等の線形を現地に表す作業や、その現地形状を調査する作業です。前者は中心線測量、後者は縦断・横断測量といいます。又、計画用地の幅を表す作業(通称:幅杭設置)も行っています。

  • 中心線測量

    中心線測量

  • 縦横断測量

    縦横断測量

  • 幅杭設置測量

    幅杭設置測量

用地測量

用地測量とは、道路・河川・鉄道建設に必要な土地を取得するために、計画用地を現地に表示して、関係する土地を測量し面積を算出する作業です。この場合には必ず地権者と対象地域の境界確認を行い、境界を確定しなければなりません。

  • 境界測量 (※1 トータルステーション)

    境界測量
    (※1 トータルステーション)

  • 境界測量(※2 VRS)

    境界測量(※2 VRS)

  • 境界確認

    境界確認